教育

取引オペレーションの基本理念

トレーディングは実際のお金が関わっているので、勉強することは難しいものです。たくさんの教育記事を読んで、たくさんの練習をする必要があります。学べば学ぶほど、成功のチャンスが高くなります。しかし、最初は取引オペレーションの基本理念を覚えたほうがいいです。 こちらは、人気の取引プラットフォームであるMetaTrader 5の基本説明書を用意いたしました。

取引を始める前に、注文、約定、及びポジションといった基本的な用語の意味を勉強して置く必要があります。

  • 注文とはブローカーに出された金融製品の売買の指示です。注文は、成行と未決、主に2種類があります。その他、決済指値と決済逆指値という特別なレベルも分けることができます。
  • ポジションとは、金融製品の買いまたは売りの契約の数です。ポジションは、ロングとショート、2つの種類があります。ロングポジションとは、上昇した価格で販売することを期待して買われた金融担保です。ショートポジションは逆に、金融製品の価格が将来的に下落することでお金を稼ぐことに目指す有価証券の購入です。
  • 約定とは、有価証券の商業的な交換(売買)ですを意味します。売りは売値(ビッド)、そして買いは買値(アスク)で行われます。約定は成行注文、または未決注文を行うことによって開かれます。成行注文の実行は複数の約定に結果する場合もあります。

注文、ポジション、及び約定の相互関係

MetaTrader5のプラットフォームでは、ポジションが開かれたかこと、そして取引が実行しこと容易に確認できるようになっています。各取引にある「チケット」と言う固有のIDのおかげで、各注文や取引関連する操作を追跡できます。チケットは、各取引を特定のポジションと繋がります。各取引は、実行した注文のチケットを受け取ります。チケットがあるおかげで、ポジションが複数の取引によって影響された場合でも、各ポジションの全体的な履歴を簡単に追跡できます。

取引操作が取引所または流動資産プロバイダに送信される場合、外部システムのIDが使用されます。これにより、プラットフォーム外の操作の相互関係を追跡することができます。

operation connnection screenshot

取引操作の仕組み

  • ブローカーは取引プラットフォームから指定されたパラメータを含む約定実行の注文を受け取ります。
  • サーバは注文の正しさ(価格の正確性、口座資金の利用可能性など)をチェックします。
  • 注文は確認に合格した場合、取引サーバで処理待ちです。その後注文は、実行される;失効に伴って取り消しされる;拒否される;またはトレーダによって拒否されることができます。
  • 成行注文が実行された場合、または未決注文がトリガされた場合は、約定になります。
  • 選択した銘柄にはポジションがない場合、約定の締結の結果はポジションが開かれることに繋がります。選択した銘柄にはポジションがある場合、約定はポジション数量を増減し、ポジションを決済、またはキャンセルできます。

trading scheme screenshot

ポジションが会計する仕組み

ポジション会計システムは、ネッティングとヘッジの2つに分けることができます。ブローカーは口座によって使用されるシステムを選択・設定します。

ネッティングシステム

このシステムでは、同時に銘柄は1つの共通ポジションのみを持つことができます。

  • 銘柄には既存ポジションがある場合、同じ方向に取引を行うと、このポジションの数量が増えます。
  • 約定が逆方向に行う場合、既存のポジションの数量が減少したり、ポジションを決済させたり(取引量がポジション数量に等しい場合)、または反転させたり(逆方向の取引量が既存ポジション数量より大きい場合)することできます。

反対方向の取引を行う理由は重要ではありません。

ネッティングシステムの取り組みは、0.5ロットごとの2つのEURUSDの買い取引する例で説明します。

netting positions screenshot

両方の取引が実行した結果は、1ロットの1つの共通のポジションになります。

ヘッジシステム

ネッティングシステムと違って、ヘッジシステムでは同時に各銘柄は、反対方向のポジションも含む複数のポジションを持つことができます。

銘柄は既存ポジションがある場合でも、新たな取引を行うと、新しいポジションが開かれます。この場合、現在のポジションは変更しません。

ヘッジシステムの特徴は、0.5ロットごとの2つのEURUSDの買い約定の前の同じ例で説明します。

hedging positions screenshot

2つの取引が実行した結果は、2つのポジションが別々で開かれました。

選択されたシステムの影響

プラットフォームのいくつかの機能は、ポジション会計システムによって大きく異なることがあります。

  • 決済逆指値及び決済指値のルールが変更します。
  • ポジション決済を会計するためには、ネッティングシステムで、同じ銘柄と数量で反対方向の取引を行わなければなりません。ヘッジシステムだと、ポジションのコンテキストメニューにある「ポジション決済」コマンドを利用できます。
  • ヘッジシステムではポジションは反転できません。この場合、現在ポジションが決済され、残りの数量は新しいポジションが開かれます。
  • ヘッジシステムでは、ヘッジ対象証拠金という、新しい証拠金計算の条件が使用可能です。

注文の種類

取引プラットフォームは様々機能が用意されています。

  • 取引実行のリクエストを用意してブローカに送信する
  • 既存ポジションを制御して管理する

など。
これらの目的のために取引注文のいくつかの種類が使用されます。注文とはトレーダーがブローカーに出す取引操作実行の指示です。注文の基本情報は、このガイドの初め説明しましたので、今回は各注文について詳しく見ていきましょう。

成行注文

成行注文とは、ブローカーが貰う金融製品の売買の指示のことです。注文が実行することは約定の実行につながります。銘柄の種類によって実行の種類が異なります。そして、実行の種類は約定価格に影響します。一般的に、買いは買値(アスク)、売りは売値(ビッド)で行われます。

未決注文

トレーダーが未決注文を出すときは、ブローカーに株を将来に事前定義された条件で売買する指示をします。この場合の実行は前と比べて困難になります。未決注文にはいくつかの種類があります。

  • 指値買い — 金融商品は買値(アスク)で購入。注文で指摘した価格以下でなければなりません。通常、この注文は、株価が一下落して上昇することを予想して出されます。
  • 逆指値買い — 注文で指定された価格以上の買値(アスク)で金融商品の購入。現在の価格は注文で指定された価格より低い場合に出されます。価格が一定したレベルまだ落下して上昇を続けることを予想して出されます。
  • 指値売り — 注文で指定された価格以上の売値(ビッド)での販売取引。現在の価格レベルは注文で指摘された価格より低いです。通常、この注文は、価格が一定したレベルまで上昇したら、下落することを予想して出されます。
  • 逆指値売り — 注文で指定された価格以下の売値(ビッド)で金融商品の売り取引。現在の価格が注文で指定された価格より高いときに使用されます。価格がが一定したレベルまで下落した後に下落を続けることを予想します。
  • ストップリミット買い — 逆指値注文であって指値買い注文を出す注文のタイプです。最初の2つの組み合わせです。将来の買値(アスク)が注文 (価格フィールド)に指定された逆指値レベルに達すると、買い指値注文がStop Limit price フィールドで指定された値段で出されます。逆指値レベルは現在のアスク以上のレベルで設定され、ストップリミット価格は逆指値レベル未満で設定されます。
  • ストップリミット売り —逆指値注文であって指値売り注文です。将来の売値(ビッド)が注文 (価格フィールド)に指定された逆指値レベルに達すると、売り指値注文がStop Limit price フィールドで指定された値段で出されます。逆指値レベルは現在のビッド未満で設定され、ストップリミット価格は逆指値レベル以上で設定されます。

  • 取引所株式、為替先物と先物Fortsの計算モードに関連する銘柄は、全て未決注文が取引が行われる取引所のルールに従って行わなけます。規則的には最終価格で実行されます。つまり、注文で指定されて価格が達成すると、注文はトリガされます。しかし、これはいつもビッド及びアスク値で行われることにご注意下さい。
  • 指値注文を出す時に指定される価格は検証されない「エクスチェンジ実行」モードがあります。このモードでは、現在のアスク以上((買い指値注文の場合)か、またはビッド未満(売り指値注文の場合)の価格を指定することができます。このような注文はほとんど即座にトリガされ、成行注文になります。成功注文と違って、未決注文は指定された価格よりも悪くない価格で実行されます。
  • 未決注文のアクティベーション時に対応する市場操作が実行できない場合では、未決注文はキャンセルされ、「拒否」というステータスで履歴に移動されます。

order types screenshot

指値注文

指値注文は、株の価格が一定したレベルに達した時に利益を得るための注文の種類はです。注文が実行すると、ポジションが完全に決済されます。指値注文は、常に既存のポジション、または未決注文に連結されているので、成行注文または未決注文と一緒のみにリクエストができます。

指値注文

逆指値注文は、損失を最小化するために設計され、金融商品の価格が間違った方向に移動した場合に使用されます。株の価格がこの一定したレベルに達すると、ポジションが自動的に決済されます。指値注文と同じ、常に既存のポジションまたは未決注文に連結されています。

指値注文や逆指値注文のアクティベーション中に関連する市場操作が実行できない場合、この注文は削除されません。アクティベーション条件に対応する次のティックで再び実行する試しが行われます。

決済逆指及び決済指継承の規則(ネッティング)

  • 決済逆指及び決済指注文は、ポジション数量が増加したりポジションが逆転したりすると、最新注文価格に従って出されます。そも注文は、成行注文または未決注文であっても同じです。つまり、同じポジションの各後続の注文のストップレベルが新しい値に変わります。しかし、ゼロ値が指定された場合、決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • 部分的に決済するポジションの場合、決済逆指及び決済指値レベルは変わらずにそのままに残ります。
  • 決済逆指レベル及び決済指値レベル開かれたポジションなし存在できないため、そのポジションが決済すると、レベルが削除されます。
  • 既存の逆指値注文の誤操作で削除することを防止するために、新しいポジションが実行する場合、現在の値は注文ウィンドウに挿入されます。
  • 新しいポジションをワンクリック操作(チャートパネルや気配値表示 )で実行する場合、同じ銘柄の既存ポジションの決済逆指及び決済指は変わりません。
  • OTC 市場で取引する場合は、ポジションが次の取引日に移動(スワップ)するとき、決済逆指及び決済指は変わりません。
  • 為替市場で取引する場合は、ポジションが次の取引日に移動(スワップ)するとき、決済逆指及び決済指はリセットされます。

決済逆指及び決済指継承の規則(ヘッジ)

  • 部分的に決済するポジションの場合、決済逆指及び決済指値には変更がありません。
  • ポジションが決済する場合、関連付けられていて決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • ワンクリック取引する場合、決済逆指及び決済指は設定されません。

以上のルールは、手動取引およびエキスパートアドバイザー(MQL5プログラム)による注文に当てはまります。

  • 決済逆指値を価格変動に従って変動させるトレール注文という機能も使用できます。
  • 決済逆指及び決済指がトリガーされた場合、ポジションは完全に決済されます。
  • 取引所株式、為替先物と先物Fortsの計算モードに関連する銘柄は、全て未決注文が取引が行われる取引所のルールに従って行わなけます。規則的には最終価格で実行されます。つまり、注文で指定されて価格が達成すると、注文はトリガされます。しかし、これはいつもビッド及びアスク値で行われることにご注意下さい。

トレール注文

前述の通り、決済逆指値は、価格の間違った移動で発生する損失から守るために設計されました。ポジションが有益に戻ると、ストップロスが手動で損益分岐レベルに移動できます。しかし、トレール注文でこの過程を自動化できます。指向性の強い価格変動の際にはこのツールが一番有用です。

トレール注文は、ポジションや未決注文に関連づけられます。ストップロスと違って、取引プラットフォームで実行されます。トレール注文を設定するには、ポジションのコンテクストメニューか「取引」タブで「トレール注文」を選択します。

trailing stop menu screenshot

次は、逆指値注文のレベルと現在の価格との間の距離を設定します。

トレール注文は、ポジションや未決注文ごとに1つだけ設定できます。

トレール注文の仕組み

  • 新しい相場が出現すると、プラットフォームはポジションの有益性を確認します。
  • 利益が指定したレベル以上になると、ストップロスを配置するコマンドが自動的に生成されます。
  • 増える方向に移動する場合は、「ストップロス」は自動的に価格にフォローします。
  • 価格が利益が下がる場合、注文は変更されず、取引ポジションの利益が固定されます。
  • ポジションにストップロスがすでに設定された場合にも、そのレベルが同じように変化します。

  1. 未決注文がトリガされると、同じ銘柄の既存ポジションのトレール注文が注文に指定されたトレール注文で置き換えられます。
  2. 未決注文が実行した結果として約定が銘柄の現在ポジションと逆方向で、数量がそれ以下の場合、トレール注文は変更しません。

すべてのストップロスの自動変更が操作ログにエントリーが追加されます。

コントロールメニューにある「なしなし」パラメータでトレール注文を無効にすることがで起案す。ポジションと未決注文のトレール注文をすべて無効するために「全てを削除全てを削除」 コマンドを使用できます。

  • 前述の通りトレール注文がサーバ上でなく取引プラットフォームで実行されますので、プラットフォームがオフにすると、トーレール注文はできなくなります。この場合、トレール注文で設定された決済指のみがトリガできます。
  • 各ポジションのトレール注文は、10秒ごとのみで発生できます。
  • 1つの銘柄にトレール注文を含む複数のポジションがある場合、それは特定の方法で実行されます。銘柄にティックが到着すると、最後に開かれたポジションのトレール注文のみが処理されます。10秒以内に同じ銘柄にもう1つのティックが到着すると、次のポジション(最後から2番目に開いた)のトレール注文が処理されます。 次のティックが10秒後に到着すると、最初と同じく、最後に開かれたポジションが再び処理されます。

注文の状況

取引サーバに送信された注文は、次の段階が取られます。

  • 開始(Started) — 注文の正当性が確認済みが、まだブローカに受け取っていません。
  • 発注(Placed) — ディーラーに受け付けられています。
  • 部分的に充填(Partially filled) — 注文が部分的に実行されます。
  • 充填(Filled) — 注文が完全に実行されます。
  • 取消(Canceled) — 注文はクライエントにキャンセルされました。
  • 拒否(Rejected) — 注文はディーラーに拒否されました。
  • 失効(Expired) — 注文が失効になって取り消しされました。

注文の状況は「履歴」タブの「状況フィールド」で確認できます。また、まだトリガされていない未決注文のステータスは「取引」タブで見ることができます。

order state scheme screenshot

実行の種類

実行の種類は、以下の4つあります。

即時実行

成功注文の実行がブローカーに提示された価格で行われるモードです。実行するために送信する時、自動的に現在の価格が追加されます。ブローカーがその価格が受け入れれば、注文が実行されます。他の場合、「リクオート」という状態になります。「リクオート」とは、ブローカーが注文が実行可能な価格を返す状態です。

実行リクエスト

成行注文の実行が、以前にブローカーから受け取られた価格で行われるモードです。実行価格は、注文を送る前にブローカーにリクエストされます。価格が受信された後、注文の実行を確認または拒否できます。

成行実行

注文実行は、ブローカーがトレーダと話し合わずに価格を決定して行われるモードです。注文を送信することは、この価格での実行に同意することを意味します。

エクスチェンジ実行

注文の実行は、取引プラットフォームで実行された取引操作が外部の取引システム(エクスチェンジ)に送られるモードです。取引は現在の市場オファーの価格で行われます。

各金融商品の実行モードは、ブローカーによって決定されます。

約定ポリシー

注文実行には「約定ポリシー」という追加条件を設定できます。それは注文設定ウインドウの「Fill」フィールドで設定できます。

Fill or kill

注文が指定された数量のみで実行できます。現在、金融製品の必要量が市場でない場合、注文は実行されません。必要量は、現時点で市場で利用可能な複数のオファーによって充填できます。

即時またはキャンセル

注文は、指定された量の中、市場で最大限に利用可能な量で実行されます。現時点で、市場には注文を完全に充填するための金融商品の量が不足している場合は、注文は利用可能な数量で充填し、残りの数量はキャンセルされます。即時またはキャンセル注文を使用できるかどうかは、取引サーバによるものです。

リターン

成行注文(売買)、指値注文及び逆指値注文にのみ使用されます。注文は部分的に決済された場合でも、残りの部分はさらに処理されます。リターンポリシーは、成行注文では「エクスチェンジ実行」モードのみで、指値注文及び逆指値注文では「成功実行」および「エクスチェンジ実行」モードで使用できます。

実行の種類に応じた約定ポリシーの使用は、以下の表で確認できます。

実行/約定ポリシーFill or Kill即時またはキャンセルリターン
即時実行+--
リクエスト実行+--
マーケット実行+++
エクスチェンジ実行+++

Meta Trader 5プラットフォームにおける取引操作の基本原則の便利な説明書は以上です。取引の最初のステップとして重要な情報でるので、注意深く勉強することをお勧めします。また、取引に必要な知識はまだまだあり、この記事だけを読むのは成功するに足りませんので、勉強し続いてください!こちらから、更に新しい記事を投稿することをお約束します。